へりおの投資遍歴

資産運用

今でこそ、トラリピという安住の地を見つけた私ですが、これまでどんな投資を経験してきたか、思い返してみると、結構忘れていることに気が付きました。

後で見ると、面白そうなのと、私の投資経験が誰かの役に立つこともあるかと思い、記録を残そうと思います。

初めての株式と大失敗

大学時代、卒業間近になって投資をはじめました。

当時から、社会人は自分に向いていおないと思っており、かと言って独立できるほどの能力もないことは理解していました。
そんな中で、社会人になるにしても、早期にリタイアの足がかりとするべく、投資を開始しました。

投資先は「日本国-現物株式」。
自分が仕組みを理解した気になれる投資先は、当時現物株式しかありませんでした。
このとき安易に、株の紹介しているサイトと同じ銘柄を買って、高くなるまで待って売ればいいだろうと思っておりました。
今思うと安易すぎて、自分のことながら失笑が漏れます。

この時「バナーズ」という駐車場の運営会社の株を10万円分購入しました。
大学生なりに、当時の余裕資産すべてをつぎ込んだ覚えがあります。

この株は今も手元にあります。
購入してから間もなく、上場廃止になって、売れなくなってしまったのです。

手痛い失敗となりましたが、大切なことを学びました。
「投資において、人の言うことを無条件に信じてはいけない。」と言うことです。
このときに感じたこの感覚は、今に至っても非常に役立っています。
その意味でこの段階で負けたのは良かったのかもしれません。
全財産とはいえ、損失が10万円で済みましたので。

株主優待マニアとなる

就職氷河期真っ只中の自分でしたが、なんとか就職先を見つけることが出来ました。金銭的な余裕が無くなったので、腹が座ったのかもしれません。

就職先では、研修中ということもあり、月々の手取りが「15万」程度でした。
今から考えると、だいぶ少なく感じられます。
ただ、この頃は会社の寮でしたので、逆にお金を貯めることが出来ました。

この頃になると、株式投資は一攫千金を狙うようなものではないことが、自分にも分かってきました。この時買い始めたのが株主優待株です。
ボーナスごとに、コカコーラや、キリンなどの株を単元ずつ購入し、毎年ドリンクが来るのを楽しみにしていました。
この期間はかなり長く続きました。

このころ、東日本大震災が起きて、東京電力が大変なことになりました。
この時、東京電力の株をかなり底値で拾ったことを覚えています。
値段が2倍くらいに戻った時、電力自由化の話を聞いて、狼狽売りしてしまいました。持っておけばよかったです。

これまでの実績から言うと、株主優待株が私の資産に与えた影響はかなり大きかったです。2倍になった株もありました。
ちょうどアベノミクスと重なったのが良かったのだと思います。

WealthNaviに手を出す

2016年ごろだったでしょうか。AIによる自動投資と言う触れ込みで「WealthNAVI」の広告を見ました。
AIによる投資とのことで、面白そうだと思い、60万ほど振り込んだあと、毎月1万ずつ積立を行っていました。

一年後見てみると、60万が70万になっていました。毎月の積立が12万円分あるので、実質目減りしています。世の中はなかなか思ったように行かないものです。

ビットコインを積み立て始める

2017年の梅雨
世の中にビットコインというものがあると聞いて、興味本位で月1万くらいずつ積立はじめました。

この頃は1BTCが20万円くらいで、平和な時代でした。

数ヶ月溜めたところで、ビットコインが急騰して1BTC=120万になりました。
残念ながら、自分は売り抜けることが出来ず、更に草コインに変えてしまい、今は塩漬け状態となっています。

数年後には、また上がっていることもあるのではないかと思いますが、今は待つのみです。

ヘッジファンド購入に手を出す

2017年の夏、一部投資信託の成績が思わしくなく、私は世の中のお金の流れについて考えていました。そのなかで、お金持ちの真似をすれば良いのではないか と思いついたのです。

世の中の銀行やファンドは商売ですから、当然ながらお金持ちに便宜を図ります。そうであれば、お金持ちが買うようなファンドを自分も買って相乗りすれば、もとの資産が少なくても、放置すればそれなりの利率に預かれるのでないか…。

結果から言うと、大外れだったのですが、私はヘッジファンドの買い付けを行える方法を探しました。

どうやら、1000万程度あれば、買い付けを受け付けてくれるヘッジファンドは、かなり多いようでした。

私は虎の子の優待株を売り払い、10万ドル(約1000万円)を作り、ヘッジファンド買い付けに乗り出しました。一度そういうものがあるとわかれば話は早く、2日月程度で私はヘッジファンドの拠出者となりました。

このヘッジファンドは、手数料が2%かかる代わりに、これまでの実績から言って、年利20%を稼ぎ出してくれる…はずでした。

今現在のところ、拠出金から少し下がった状態になっています。
トラリピを知った今となっては、売り払いたいのですが、規約で5年間売ることが出来ません。5年後に少しでも上がっていることを祈るのみです。

今に至る

ここまで書きましたが、やはりヘッジファンド購入に手を出してしまったのが痛いです。卵は一つのカゴに盛るな、との格言の通りですね。

コメント

  1. NAGI より:

    うーん、なかなかうまくいかないものですね。
    私も資産運用を始めたばかりなので注意したいと思います。
    卵は一つのかごに盛るな、ですね。