資産運用の目線で、人的資本を考える

はじめに

私の目標は、30代のうちに経済的な自由を手に入れることなのですが、そのためには自分の資産の目標値を多面的に見つめることが必要となってきます。

今回、自分の給料が、自分という資産を運用した結果と考えると面白いのでは無いかと思いました。

日本人の平均的な収入

今回は、「マイナビ転職」様に年齢別のモデル年収がありましたので、こちらを参考にさせて頂きます。

5年ごとに区切って、年収を記載すると、下記のようになりました。

年齢モデル年収
20歳369万円
25歳409万円
30歳508万円
35歳585万円
40歳641万円
45歳699万円
50歳764万円

モデル年収高すぎませんかねぇ・・・。羨ましいことです。

人的資本を考える

さて、とりあえず投資効率を年率5%と仮定して、人的資本を出していきます。
ただ、年齢が上がるほど価値が高まるという、ありえない結果が導き出されることは目に見えていますが…。

年齢モデル年収人的資本
20歳369万円7380万円
25歳409万円8180万円
30歳508万円1億0160万円
35歳585万円1億1700万円
40歳641万円1億2820万円
45歳699万円1億3980万円
50歳764万円1億5280万円

うーむ、ある見方において、一人の人間の価値が金額換算されました。
思ったより、人的資本は額が大きいですね。これだけの金額を資産として持っていたら働かなくて済むということとイコールなのですが、なかなか難しい額です。

今度は見方を変えて見ましょう。
人的資本は年齢を経る毎に増えていきますが、この増加率と投資の増加率を比較してみましょう。

初期条件は20歳基準の7380万円、投資は平均5%利益と考えます。

年齢人的資本
(モデル年収ベース)
投資資本
(年効率 5%)
20歳7380万円7380万円
25歳8180万円9418万円
30歳1億0160万円1億2021万円
35歳1億1700万円1億5342万円
40歳1億2820万円1億9581万円
45歳1億3980万円2億4991万円
50歳1億5280万円3億1895万円

人的資本の上昇率よりも投資の効率のほうが、若干増え幅が大きいようです。

ここまで書いて思いましたが、この比較はピケティ先生が証明された「投資による資本による資本の増え幅は、労働の資本増加を必ず上回る」ことの示唆になっていますね。

結果のまとめ

上記の結果からは、下記のことがわかります。

  • 人的資本は、非常に大きい額であるので、働かないことは1億円近くの投資機会の損失と同義である
  • 投資は、労働よりも高い期待リターンをもたらすので、投資をしないことは機会損失である。
  • 長期間の投資により、人的資本を大きく上回る資産を築くことができる
  • セミリタイアには、長期間の投資が必要

セミリタイアの難しさが突きつけられた感じです。夢も希望もないのか…。
とは言っても、老後のことを考えると、資産形成は絶対に必要であることは目に見えています。

また、個人的な見解ですが、私達の老後において、日本は絶望的な格差社会になっていると思っています。これは自分の子孫の社会的な階層がここ数十年で決まってくるということです。
その時、「持つもの」の側で居るためこれからも資産形成は続けていこうと思います。

コメント