トライオートETF 新ロジック「カウンター」について

トライオートETF
この記事は約2分で読めます。

最近、トランプさんのせいで元気が良いトライオートETFに、新しいロジック「カウンター」が出てきたので、見てみました。

カウンターの仕組みの大雑把な理解

公式の「カウンター」の説明はこちらになります。

動作を見たところ、「カウンター」を購入した値段から下に、4段階分トラップを仕掛けて、トラップを踏んで、元の値段まで戻ってくるのを待つ仕組みのようです。

「カウンター」の超大雑把な理解。

もちろん、値段が上がる分には通常どおり売買を行うため、儲けを出します。

このような仕組みとすることで、全体としての値上がりだけでなく、値段の上下動も儲けに変えることができるわけです。
なかなかいい仕組みです。

カウンターの問題点

正確には、カウンターそのものの問題と言うわけではないのですが、
私は「トライオートETFをの方針を立ててみた」の記事で、
大きく値段が下がったところで「ライジング」を買うという戦略を立てています。

やっている狙い自体は「カウンター」と同じなのですが、人間が行っている以上、「カウンター」が想定外の値動きでも人間は追従できるので、効率が良いです。
また、やはり反転する前提で安めのポジションを買うのであれば、おそらくライジングのほうが効率が良いでしょう。

ただ、逆に言えばほぼ同じ操作を放置で延々とやってくれるというのが「カウンター」の利点と言えます。

「カウンター」を買うんかー?

私は「カウンター」の購入を見送ろうかと思います。

やはり、人力カウンターを行っているので、特に、ロジックに任せる必要性を感じません。

完全放置するつもりであれば、購入するのもありとは思いますが、トライオートETFを完全放置するのは、それはそれで恐ろしい気もします。
トライオートFXなら放置できるのですが。

コメント