資産運用報告(2019/2 第4週_月末)システムトレード編

トライオートETF
この記事は約6分で読めます。

本記事は毎週更新のため最新ではない可能性があります。
最新の記事は下記からご確認ください。
資産運用報告 記事一覧

はじめに

現在、トラリピを始めとする自動売買を主に運用しています。
会社員がどうも性に合っておらず、将来これから30年に渡って仕事を続ける自信が無かったため、資産運用により働かなくても食べていける仕組み作りを目指しています。

関連記事:仕事が辛いへりおの出口戦略

トラリピ 資産運用結果

マネースクエア

トラリピ設定について

「へりおのトラリピ設定」では、現在値動きしている周辺の設定しかしていないので、設定レンジからのはみ出しを気にする必要があります。
設定からはみ出た値動きをしないか、引き続き確認していこうと思います。

現在の設定です。

トラリピ資産変動

日時資産変動効率維持率
2018年 9月総計
+199,749円3.33%470%
2018年 10月総計+280,135円4.74%458%
2018年 11月総計+249,844円2.97%385%
2018年 12月総計+648,417円10.17%354%
2019年 1月総計+247,638円3.07%487%
2019年 2月総計+211,232円2.58%377%
2019年2月 第1週+130,011円0.86%424%
2019年2月 第2週+19,235円0.23%411%
2019年2月 第3週+31,560円0.39%417%
2019年2月 第4週+30,426円0.37%377%

今週の結果も、3万円でした。
ここしばらく、変動が少ないため必然的に約定の気配が減少傾向です。
変動が少ないと、マイナススワップがジリジリと効いてくるので、恐ろしいものがありますね。

その割に維持率は、今週でだいぶ減りました。
「USD/JPY」が原因のようです。

現在の私の設定では、USDがいずれ下がると読んで、売りの倍率を一部2倍にしているわけなんですが、「USD/JPY」の設定は維持率への影響度がえらく大きいです。

それでいて、トラリピの通貨ペアの中で、
儲けの効率が最下位な上、値動きの幅も広いので運用に必要な費用も非常に大きくなります。
あまり運用する利点を感じなくなってきました。
「USD/JPY」から撤退して、「AUD/USD」や「NZD/JPY」に資金を振り分けたほうが賢いかもしれません。
即座に、その設定を採用するわけではないですが、頭の片隅においておこうと思います。

とりあえず維持率600%まで回復しないかなー。

借金まみれの米国人が急増中。ついにリーマン危機当時の借金総額を超え、経済破綻は目前か | マネーボイス
増え続ける米国家計の借金の内訳を、NY地区連銀2018年第4四半期時点のデータから読み解きます。驚くことにリーマン危機当時の2008年よりも増加しています。

トライオートETF 資産運用結果

トライオートETF

NASDAQトリプル100を運用していましたが、2018年冬の暴落でロスカットされました。
現在は、インヴァストカードの積み立て投資先として、S&P 1.2倍を運用しています。

関連記事:トライオートETFの方針を立ててみた

トライオートETF資産変動

日時資産変動(実現損益)効率維持率
2018年 09月総計
113,341円5.99%342%
2018年 10月総計-811,661円-63.42%219%
2018年 11月総計71円0.0055%224%
2018年 12月総計-975,714円-639%
2019年 1月総計160円1.29%
2019年 2月総計199円0.85%745%
2019年2月 第1週0円0%193%
2019年2月 第2週+170円0.75%
2019年2月 第3週0円0%754%
2019年2月 第4週+29円0.12%745%

もはや、惰性で運用しているトライオートETFです。
インヴァストカードのポイントで運用できるので、ある時、あらゆる支払いをインヴァストカードにしたのですが、その名残が続いている形です。

現在は、楽天カードでも積立ができるため、支払いを順次楽天カードに切り替えています。
完全な切り替えには、時間が掛かりそうですので、少なくとも、それまでは運用継続していこうと思います。

トライオートFX  資産運用結果

トライオート

へりおのトライオートFXの設定方針(2018/10/21)」に従って、運用を続けています。

トライオートFXもトラリピとほぼ同じ仕組みで、システムトレードとして安心感があります。トラリピのように設定を自分で組まず、簡単に設定できるようになっているのも良いですね。

仕組み自体は同じなのですが、トライオートFXはトラリピとは手数料体系が違い、一注文あたりに固定手数料がかかるので、その影響を抑える注文方式にする必要があります。
但し、それを差し置いても、インヴァスト証券しか扱っていない「豪ドル/NZD」ペアの安定性は魅力です。

トライオートFX資産変動

日時資産変動(実現損益)効率維持率
2018年 09月総計
+20,687円3.44%421%
2018年 10月総計+22,079円3.27%313%
2018年 11月総計-14,253円-2.13%293%
2018年 12月総計+16,968円1.85%336%
2019年 1月総計+20,510円2.18%240%
2019年 2月総計+33,151円3.41%192%
2019年2月 第1週+15,108円1.61%249%
2019年2月 第2週+5,437円0.57%186%
2019年2月 第3週+13,841円1.42%211%
2019年2月 第4週-1,235円-0.13%192%

はい、恐れていたことが起こっております。
現在のトライオートFXのトラップレンジから値段がはみ出ました。

、結果として、今週は1件も約定が発生しておりません。
これまでは、為替差益でスワップ損を賄っていましたが、スワップ損が一気に見えてきた形になります。
じりじり焼かれていく感。

とはいえ、現在の値段で、これまで根強い抵抗線があるので、そのうち反発するのではないかと思っております。
まだ慌てるような時間じゃない。
この状況がえんえん続くようであれば、また方策を考えないと行けません。

合計損益

日時資産変動(実現損益)
2018年 09月総計
+333,777円
2018年 10月総計-509,447円
2018年 11月総計+170,110円
2018年 12月総計-310,329円
2019年 1月総計+268,308円
2019年 2月総計+244,582円
2019年2月 第1週+145,119円
2019年2月 第2週+24,842円
2019年2月 第3週+45,401円
2019年2月 第4週+29,220円

週3万円です。
利益としては、まあまあです。

これまで利益をまとめてきましたが、FX自動売買の利益は、週ごとには差があっても月としてみれば概ね平滑化されていると言っても良さそうですね。
順調に、放置していきます。

マネースクエアトライオートETFトライオート

コメント