DNA解析のススメ

健康
この記事は約2分で読めます。

実際に行なったのは2015年ごろなのですが、人によってはホントにおすすめでした。

元来自分は体調を崩しやすく、この原因はなにかと思いながら過ごしてきました。
アレルギーはすぐ出るし、風邪は引きやすいし、インフルエンザは必ずもらう。
他の人と何が違うのか、気になっていましたね。

自分が受けたのは「mycode」というサービスで、かかりやすい病気を一覧表示してれます。
29800円と結構なお値段がしますが、自分を客観的に分析できるサービスは貴重です。

ここに書いてある病気が将来自分がかかりやすい病気と言うわけなので、患者数と発症率の高い病気から順に対策をとっていこうと考えています。
なお、自分はガンとかは平均並みの発症率でしたが、糖尿病になりやすいらしいので、血糖値の管理には人一倍気をつけなければいけませんね。

ただ、この検査結果を盲目的に信じるだけでなく、下記に気をつけなければいけないと感じました。

  • 病気になりやすいからと言って、発症するわけではないこと
  • 検査結果を見たからと言って、対策しないと意味がないこと
  • 発展途上の分野なので、検査結果は正しくない場合もあること

上記の事から、自分は「信頼度の高い占い」くらいのつもりでこの結果と向き合っていきたいと思っています。

つきあいかたのイメージとしては、「話題の遺伝子検査、これでは何もわからない 医者が受けて感じたこと」が非常に参考になります。こちらのページでは、下記のように結論づけていますが。

現状では「遺伝子検査はたいしてアテにならない」ということです。

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20161130-00064707/

ただ、上記結論はお医者様という非常に広い視点を持っておられる方の考え方で、
DNA検査を万人に役立つと言いきれるか?
という視点で書かれているようにおもえます。

個人レベルが健康に対して「気をつけるべき方法」を模索する指針としては非常に有用に思えますね。

コメント