資産運用報告(2019/3月,2019/4月)システムトレード編

トライオートETF
この記事は約4分で読めます。

本記事は最新ではない可能性があります。
最新の記事は下記からご確認ください。
資産運用報告 記事一覧

はじめに

現在、トラリピを始めとする自動売買を主に運用しています。
会社員がどうも性に合っておらず、将来これから30年に渡って仕事を続ける自信が無かったため、資産運用により働かなくても食べていける仕組み作りを目指しています。

最近は、ちょっと私生活がバタバタしていて、資産運用の方の更新が出来ていませんでした。
2か月分、いっぺんの更新となります。
こんな中でも、順調に利益を出してくれるシステムトレード…最高ですね!

関連記事:仕事が辛いへりおの出口戦略
 ※転職した今となっては出口戦略をとる積極的な理由はありませんけどね(笑)

トラリピ 資産運用結果

マネースクエア

トラリピ設定について

「へりおのトラリピ設定」では、現在値動きしている周辺の設定しかしていないので、設定レンジからのはみ出しを気にする必要があります。
設定からはみ出た値動きをしないか、引き続き確認していこうと思います。

現在の設定です。

トラリピ資産変動

日時資産変動効率維持率
2018年 9月総計
+199,749円3.33%470%
2018年 10月総計+280,135円4.74%458%
2018年 11月総計+249,844円2.97%385%
2018年 12月総計+648,417円10.17%354%
2019年 1月総計+247,638円3.07%487%
2019年 2月総計+211,232円2.58%377%
2019年 3月総計+169,297円2.03%?
2019年 4月総計+117,883円1.40%404%
2019/5/6時点

最近はトラリピが静かで、ちょっとつまりません。
とはいえ、本記事は、4月末までを対象にしております。
5月の連休末に、トランプさんがまた中国とけんかをし出したので、ビッグウェーブが訪れました。
長期トラリピ勢にとって、トランプは理想の大統領かもしれぬ・・・。

まあ、ともかく、
決済利益はこのところあまり芳しくありません。
理論上、為替の動きはだんだんと小さくなっていくと言われており、まさにそれが来てしまったのではないかな、と思うほどです。
実際、トラリピの現人神であられる鈴さんも、下記のようなことを言っておられますし…。

しかし、へりおはここで安易にポジションを増やすことはできません。
なぜなら、もうすでにポジションが増えている状態だからです。
本当に、変動幅が小さくなっているのなら良いのですが、たまたま変動幅が小さい時期で、この後その揺り戻しが来るようであれば、耐えきれなくなるかも知れません。

そして、求人倍率などで、景気減退期が目に見えるようになってきた今、
揺り戻しは発生するものだと、私は思います。

つまり、維持率600%まで回復まで待つまで放置と言う方針に変更は無いということです。

トライオートETF 資産運用結果

今回で、トライオートETFについては、運用報告の対象から外すことにしました。
運用金額が20000円程度と極小であるのと、
これまで運用してきた理由である「インヴァストカード」による自動積立が、
下記の通りカードを変えた為、機能しなくなるからです。

これから実質的には、完全放置状態になります。
来年の確定申告くらいには言及するかもしれません。

トライオートFX  資産運用結果

トライオート

へりおのトライオートFXの設定方針(2018/10/21)」に従って、運用を続けています。

トライオートFXもトラリピとほぼ同じ仕組みで、システムトレードとして安心感があります。トラリピのように設定を自分で組まず、簡単に設定できるようになっているのも良いですね。

仕組み自体は同じなのですが、トライオートFXはトラリピとは手数料体系が違い、一注文あたりに固定手数料がかかるので、その影響を抑える注文方式にする必要があります。
但し、それを差し置いても、インヴァスト証券しか扱っていない「豪ドル/NZD」ペアの安定性は魅力です。

トライオートFX資産変動

日時資産変動(実現損益)効率維持率
2018年 09月総計
+20,687円3.44%421%
2018年 10月総計+22,079円3.27%313%
2018年 11月総計-14,253円-2.13%293%
2018年 12月総計+16,968円1.85%336%
2019年 1月総計+20,510円2.18%240%
2019年 2月総計+33,151円3.41%192%
2019年 3月総計-62,699円??
2019年 4月総計+16,873円1.81%378%

トライオートFXも、トラリピ同様、あまり良い動きではありません。

なお、3月ごろに大きなマイナスが出ておりますが、これは維持率が大変なことになってきたので、一部損切を実施したためです。
それで、これまでの利益が全部吹っ飛び±0円になったので、4月分の16000円でようやくプラスになった格好です。

こちらはどちらも中国に近い通貨ペアなので、米国と中国の争いでの値動きがあまりないのが面白いですねぇ。

マネースクエアトライオート

コメント