永遠に臭いに効く消臭剤、「ルネキャット」が凄い

お勧め商品
この記事は約4分で読めます。

普通の消臭剤の問題点

お部屋やトイレってどこからともなく、匂うものです。
自分ではわからなくとも、友人が遊びに来たときに気づいたりして。

で、そんなときに使うのが消臭剤です。
ちょっと臭ったら掛けるだけで、効きますよねアレ。
人によっては、絨毯やソファーに親の仇のように、ジットリするまで掛ける人もいるとか。

しかし、待ってください。
臭いが消えたからと言って、
消臭剤を掛ければ清潔になったと思っていませんか

臭いとは、空中を漂う物質が、鼻を刺激することで感じます。
実は消臭とは、臭いがする物質を、臭いがしない物質に変化させることです。
消臭剤の成分が、臭う物質とくっつくことで、臭い物質が空中に飛ばなくなったり、鼻を刺激しない物質になったりするということです。

さらに言えば、消臭剤を掛けるだけで洗濯をしなければ、消臭剤を掛けた絨毯やソファには、
逆に消臭剤の成分や、臭わなくなった物質が、どんどん残っていくことになります。
つまり、根本的な対策としては、洗濯機で丸洗いするのが最適と言うことになります。

しかし、ソファなどを洗濯機に突っ込むわけには行きませんよね。
ならば、におい成分を直接分解する消臭剤はいかがでしょう?
しかも、半永久的に臭いを消し続けるシロモノです。

その消臭剤は、「ルネキャット」と言います。

「光触媒」は、「臭い」を直接分解する

ちょっと前に、光の力で花粉を分解するというマスクがあったかと思います。
こんなの。

原理的に確かにそのような動きはするけど、実際には分解の速度的に効果が期待できるかどうか微妙と言う商品でした。
最近、言い過ぎだと政府に怒られていますね。

しかし、光触媒自体は、住宅の外壁をきれいに保ったり、ちゃんと効果が期待できる技術です。
このマスクについても、分解速度が問題なだけで、時間をかければ分解をするとも言えるわけです。

実は、この「光触媒」ですが、臭い物質も分解します。
特に、生物由来の匂い(汗とか脂とか)に効果が期待できます。

「光触媒」は半永久的に、臭いを分解し続ける

このルネキャット、「エタノール」と「光触媒」の2段構えになっています。

「エタノール」は、みんなご存じかと思いますが、
お酒の主成分ですね。
殺菌効果と一時的に臭いを取り去る効果があります。
これは、「ファブリーズ」などの消臭剤にも、使用されているはずです。

本命は「光触媒」の方です。
ルネキャットの効果は、消臭剤と言うより、
光触媒加工を行うスプレー
と理解した方が、正しく使えるかもしれません。

つまり、一時的な消臭力は、ほかの消臭剤に劣ります。
しかし、光が当たる限り延々と臭い物質を分解し続けてくれます。

正直、ルネキャットはほかの消臭剤と比べると、非常に高価です。

ただ、例えばカーテンに掛ければ、
お日様の力で部屋のにおいを分解し続けてくれる「光触媒カーテン」が完成する。
しかも、いちど掛ければ、効果が発揮され続ける。

こう考えると、悪くありません。
一度、家の中を全て光触媒化してしまえば、臭わない家が完成するのですから。

私は5本買いました

こうして私の、「光触媒ハウスアップグレード計画」は始まりました。
とは言っても、ルネキャットを買って、家のあらゆる構造物に噴霧していくだけですが。

私は特に光が当たる「障子」「ガラス窓」「カーテン」付近に、多く吹きかけています。
また、トイレも匂いやすいので、大目に吹きかけています。

「光触媒」は、種類によっては「太陽光」でしか効果がないものも多いのですが、
「ルネキャット」は、「蛍光灯」の光でも効果が出ることを謳っているので、安心して吹きかけられます。

実は、噴霧して1カ月程度たつのですが、
気づくと家の臭いなどがほとんど感じられなくなっていました。
効果は非常にゆっくりとしたもののようですが、確実に効果が出ている実感があります。

私は5本買って、家じゅうに親の仇のように噴霧し続けましたが、
1本買って、臭いやすい箇所に噴霧しておくのが、コスパが良いのではないかと思います。

なお、一点助言をしておくと、「光触媒が流れ落ちると効果がなくなる」ので、
洗面台そのものや、便器の中など、水回りに直接掛けても、毎日洗い流されてしまい、
あまり効果は期待できません。

掃除をあまりしない、天井や壁。
光触媒が落ちにくい布製品(ソファ)など

そういったものの、光が当たりやすい面に掛けることをお勧めします!

コメント