AndroidでDNSを設定して、ネットを早くする方法

ライフハック
この記事は約7分で読めます。

良いDNSを使えば、インターネットが速くなる!

「Google Public DNS」なるサービスを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

インターネットでは、
皆知らないうちに「DNS」というサービスのお世話になっています。

例えば、当サイトのアドレスは「https://heriohouse.com/」で、
今あなたは 「https://heriohouse.com/」 のページを見ています。
その認識でおおむね間違いはないのですが、あなたのスマホやPCの認識は違います。

スマホやPCからすると、 「https://heriohouse.com/」 は理解ができない文言なので、これを機械が理解できる形式に変換する作業が、我々の知らない間に裏で行われています。
この作業をしてくれているのが、DNSです。
我々は知らないうちに、一日に何度もDNSを使っているのです。

つまり、何が言いたいかというと、
「良いDNSを使えば、アドレス変換のスピードが速くなって、無料でインターネットをちょっと早くできるよ」
と言うことです。

Android PieからDNS設定が可能に!

DNSを変えてインターネットを早くする方法は、一部では結構有名で、実際PCには設定している方もたくさん居ます。

ただ、残念ながらこれまで、「Android」スマホでは、DNSの設定が出来ませんでした。
※「Wi-fi」接続時のみは可能でしたが。

しかし、Android Pieからは、プライベートDNS機能がサポートされたため、Androidスマホで、早いDNSを設定することが可能になりました。
※正確には「 DNS-over-TLS 」という機能

ご自分のAndroidのバージョンがわからない方は、
「設定」→「端末情報」→「Androidバージョン」を確認してみてください。
「9」になっていれば、Android Pieです。
※機種によって多少「Androidバージョン」の確認できる位置が異なるかもしれません。

Androidスマホに、早いDNSを設定する方法

上にも書いた通り、Android Pie(9)以降が対象です。
それ以前のAndroidでは、アプリを使ったりしていろいろと面倒なので、ここには書きません。
個人的にはOSが対応していない場合、無理に対応させようとしないほうが良いと思います。

  1. 設定画面に行きます。
  2. 「Wi-fi&インターネット」に入ります。
  3. 「プライベートDNS」に入ります。
  4. コンボボックスで、
    「プライベートDNSプロバイダのホスト名」を選択します。
  5. その下の入力欄に、
    「1dot1dot1dot1.cloudflare-dns.com」
    を入力します。
  6. 「保存」ボタンを押します。
入力すると、こんな感じです

これで、あなたのスマホのインターネットは「ちょっと」早くなっているはずです。

なお、手順5で別のDNSを指定することもできます。
上記設定で設定しているのは、早いDNSとして有名な「1.1.1.1」を設定しています。

Android 9 Pie
Android Pie supports Private DNS, which uses DNS over TLS to secure your queries. If your device runs Android 9, this is the recommended method to set up 1.1.1.1 because unlike previous versions of Android, it does not need to be configured for each new WiFi network.
Follow these steps to configure your device to use 1.1.1.1.
Step 1: Go to Settings → Network & internet → Advanced → Private DNS.
Step 2: Select the Private DNS provider hostname option.
Step 3: Enter one.one.one.one or 1dot1dot1dot1.cloudflare-dns.com and hit Save.
Step 4: Visit 1.1.1.1/help to verify DNS over TLS is enabled.

https://developers.cloudflare.com/1.1.1.1/setting-up-1.1.1.1/android/

手順5で、代わりに「dns.google」を入力すると、「Google Public DNS」が使用されます。
こちらも早いDNSなので、Google信者の方はこちらを入力してみるといいと思います。

Android
Android 9 (Pie) or later
Android 9 supports “Private DNS” which uses DNS-over-TLS to provide security and privacy for your DNS queries. You can configure it with the following steps.
Go to “Settings” → “Network & Internet” → “Advanced” → “Private DNS”.
Select Private DNS provider hostname.
Enter dns.google as the hostname of the DNS provider.
Click Save.

https://developers.google.com/speed/public-dns/docs/using

【参考情報:DNSとは (超初心者向け)】

今回設定した内容がどのように影響してくるのか知りたい人のために、非常に簡単にですがDNSの説明をしたいと思います。

まず、DNSとは「Domain Name System(ドメインネームシステム)」の略です。
訳が分かりませんね、順に説明します。

先ず、コンピューターの通信の基礎ですが、俗に言うインターネット通信はほぼ全て「TCP/IP」という接続となっています。
そして、通信をするコンピューターは「世界に一つだけのIPアドレス」を持っています。
電話番号みたいなものですね。

へりお
へりお

説明を簡単にしているので、「TCP/IP」だけに絞るよ。
あと、ローカルIPとか細かい話は一切無視するよ。

さて、コンピューターは「0と1」だけで世の中を理解していると言う通り、実は「IPアドレス」も 「0と1」 で出来ています。

例えば、「Googleのホームページ」のIPアドレスは、
「10101100110110010001101001100011」
になります。
訳が分かりませんね。
でも我々が検索するときに、このIPアドレスと知らないうちに通信しているのです。

さて、あまり長いと打ち込むのも面倒ですし、覚えていられないということで、
この2進数の数字を10進数に変換して、多少覚えやすくしたものを一般的にIPアドレスと読んでいます。

先程のアドレスを10進数に変換すると、このようになります。
「172.217.26.99」
少し覚えやすくなりました。

でも、こんなIPアドレスが大量にあると、よくわからなくなってきます。
例えば、下のように並んでいて、どちらが「Yahoo」のIPか答えろと言われた場合。
すぐ答えられるのは、相当の変態さんだけです。

  • 172.217.26.99
  • 182.22.28.252

そこで、やっとこの記事の主役「DNS」が出てくるのです。
DNSは、「IPアドレスと、人間が理解しやすい名称(URL)」の対応を記録しています。

つまり、
あなたが「http://www.google.co.jp」にアクセスしようとした時、このURLはそれ単体ではなんの意味もありません。
何とかして、 「10101100110110010001101001100011」 に変換する必要があります。

そして、この変換はDNSが行ってくれます。
あなたがスマホでググろうと「Google」を開いた時、スマホはその一瞬で

  • DNSに「http://www.google.co.jp」のIPアドレスを教えて下さい、と依頼し
  • DNSは登録リストを調べて回答 「10101100110110010001101001100011」 をスマホに通知し、
  • スマホは改めて「 10101100110110010001101001100011 」にアクセスしているのです。

今のスマホは検索のときだけでなく、ゲームやメールやLINEなど、ありとあらゆる通信を行っているので、このDNSの回答が少しでも早くなると、若干でもスマホが快適に使えるようになるというわけです。

もし、もっと詳しく「DNS」について知りたいのであれば、下記ページを参考にすると良いでしょう。

Error 403 (Forbidden)|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
403エラーページです。用語の意味を「ざっくりと」理解するためのIT用語辞典です。

コメント