「どんなときもWifi」がやってきたのでレビュー

お勧め商品
この記事は約6分で読めます。
うちのミクさんに持ってもらいました

やっと、「どんなときもWifi」を入手することが出来ました。
これで、最底辺のネット難民生活からはおさらばです。

確かに良いサービスで、バリバリ使えます。
ただ、前情報に踊らされすぎて心理的なハードルを上げ過ぎた部分はありました。

そこで、これから購入を検討されている方にの為に、
「どんなときもWifi」は、どれくらいの期待まで持っても良いのか、伝えようと思います。

【公式】どんなときもWiFi|月額3,480円(税抜)~
もうギガ数が気にならない!データ容量無制限のすごいwifi新登場!トリプルキャリアネットワーク対応だからどこでも使える!さらに国内も海外もこれ一台でOK!

何はともあれスピードテスト

特に条件を整えず、サクッとスピードテストをかまします。
まずは自分の家で。

私の家でのスピードテスト

遅い・・・。

いやいや、流石にこれはタイミングとか場所の問題でしょ・・・。
ちょっと都会出てくる!

とある駅でのスピードテスト

早いやん・・・。

といわけで、
結果は、使い放題のサービスと言うことを考えれば、まあまあと言ったところでしょうか。
測定ごとに結構変わるので、電波次第と言ったところです。

早いところではほんとに早いですし、遅いところではかなり辛いです。
ただ、Youtubeを見るには問題ないくらいの速度は常時出ている形ですね。

ただ、残念ながら我が家では何度計りなおしても、25Mbpsは出ませんでした。
どうも恒常的に遅いようです、悲しいなぁ。
それでも、格安SIMのスマホでテザリング掛けるよりも遥かに早く、動画を見たりするには不便有りません。

へりお
へりお

田舎だから遅いのか?
都会ばっかり優遇されて羨ましい・・・。

どんなときもWifi 良かった点

正直、私はこういったサービスは速度のスピードだけでは測れないと思っています。
例えば、やることがメールやLINEのメッセージのやり取りだけならば、特に問題は無いわけです。

気軽に持ち運べる

実際に持ってみて、ルーターの軽さと薄さに驚きました。

また、スピードの方もなかなかのスピードも出るWifiルーターです。
日常で使うほとんどの事柄に対して問題なさそうだと感じました。

ほんとに、自分の家以外ではそれなりに高速通信ができるようになりました。
なんで家はだめやねん。

しかし、通信速度が遅い環境下でも、動画を見ることはできるくらいの速度は確保できています。
一人で使う分には、十分すぎるでしょう。
ゲームでは「スプラトゥーン2」をプレイしてみましたが、特に遅延を感じることもなくプレイ出来ました。

電池の持ちが非常に良い

電池の方も結構持ちます
通常仕様であれば1.5日程度は平気で持つので、
「スマホの電池はまだあるけど、Wifiルーターの電池がないから暇つぶしができない・・・。」
などという一番悲しい事態はとりあえず回避できそうです。

(基本的に)通信無制限で縛りがない

通信無制限と言うのがたまりません。
私は、残容量を気にしながら高速通信するより、何も気にせず低速通信したい人間です。(程度はあります。)
ある程度の速度でいくらでも通信できるというのは、精神衛生上非常に重要です。

ただ、(基本的に)とつけたのには理由がありまして、後で説明します。

しかしこれだけの環境が、消費税を含めても「3,758円/月」で得られるのは、
非常にコストパフォーマンスが良いです。

どんなときもWifi 気になる点

これから、細かい不満点を書きますが、総合的には良いサービスだと思います。
ただ、全てのサービスは使う人間に需要に合致することが重要であるため、
自分の使い方と合致するか」の参考にしてもらえればと思います。

通信制限は一応あります

どんなときもWifiといえど、無茶な大容量通信を行うと通信制限されることはあります。
通信設備の状況によって制限されるため、明確な基準はないようです。
しかしあまりに田舎である場合、通信制限が掛かるしきい値は、思っているよりも早いかもしれません。
詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。

ログイン ‹ 資産運用に四苦八苦するへりおのブログ — WordPress

なお、半日程度放置して、ルーターを「ON/OFF」することで制限解除されます。

ただし、他の競合サービスと比べて明らかに制限が掛かりにくいです。
デメリットではありますが、どんなときもWifi以上に自由に使えるサービスは現在のところ有りません。

充電端子が「micro-USB」

充電端子が「micro-USB」です。
私のスマホは充電端子が「type-C」なので、別ケーブルを用意しておかねばなりません。
ここは人によるかもしれませんが、私は「type-C充電端子」にして頂きたかったです。

同時接続数が5台まで

同時接続数が5台なのがなかなかにネックです。
これ、出先では問題ないのですが、固定回線の代わりに「どんなときもWifi」を使おうとしている人には結構辛いものがあります。

意外と忘れがちなのですが、家には意外と「Wi-fi」接続を要求する機器が多いのです。
例えば、私の場合だと「Google Home」「体重計」「ノートパソコン」「Kindle paperwhite」などがあります。

クレードルが有りません

クレードルが存在しないため、有線接続が出来ません
これが先述の「同時接続数 5台」の制限を相まって、痒いところに手が届かない感があります。
家庭内などで「NAS」を運用している場合には、繋げず結構困ったことになります。

私は、ちょっと無理やりな方法でこの制限を回避しています。
同時接続の問題も解消できるため、いちいちつなぎ直すのが面倒くさいと思っている人は、参考までにどうぞ!

へりお
へりお

かなり快適になったよ!

どんなときもWifi 総評

結論としては、非常にコストパフォーマンスの高い良いサービスだと思います。
速度も及第点で電池持ちも悪くなく、どこでもこの環境が持ち運べるのはかなり快適です。

但し、同時接続数5台と言うのは、モバイルを前提としている接続数であり、
「大規模な家庭LAN」に対しては、少々不足を感じるものとなっています。

単身家庭であまりネットを使わないのであれば、これをメイン回線とすることもできます。
値段も固定回線よりも安くなることが多いでしょう。

ただ、家族が居る方は少々厳しいと思います。
家族の場合には、使用状況により通信制限に引っかかる可能性が否定できません。
家族みんなでバラバラにYouTubeを垂れ流しなどしていると、かなり危険でしょう。

この場合、家には固定回線を引いた方が良いでしょう。
安定度と通信容量のキャパシティとしては固定回線に勝るものではありません。

また、安定性はかなり高い感覚ですが、
スマホのSIMを解約して、これ一本に絞るのは少々怖いです。
あくまで、高速なサブ回線として考えるべきでしょう。

【公式】どんなときもWiFi|月額3,480円(税抜)~
もうギガ数が気にならない!データ容量無制限のすごいwifi新登場!トリプルキャリアネットワーク対応だからどこでも使える!さらに国内も海外もこれ一台でOK!

関連記事

コメント