麦茶水出しに、回転ロック式タッパーが便利

お勧め商品
この記事は約6分で読めます。

知ってたか? 水出し麦茶って、飲んだら無くなるんだぜ…。

料理をする人もしない人も、麦茶水出しくらいはする人が多いと思います。

そんな麦茶の水出しに、普通の人は冷水筒を使っていると思います。
こんなの。

さて、そんな庶民と麦茶の味方である冷水筒ですが、
下記の通り いくつかの弱点を抱えています。

  • 一度飲み終わると、無くなる!
    再度水出しが終わって飲めるようになるまで時間が掛かる。
  • 微妙に複雑な形状をしており、どうしても洗いにくい部分がある。
  • 構造上ゴムパッキンが壊れやすい。若しくはすぐ黒ずむ。

私にとっては、一番上の問題が深刻です。
私はいつでも冷えた麦茶を飲みたいのです!

冷水筒ではなく、スクリュータッパーを使おう

しかし、よく考えてみると、この問題に突破口があることに気づきます。

要するに、冷水筒が1本なのが問題なのです。
冷水筒が2本あれば、どちらかが無くなっても、もう一本の冷水筒から、命のガソリンである「麦茶」を補給することができます。

麦茶が途切れることが無くなるのですヤッター!!

ただし、正直なところ冷蔵庫に水冷筒2本を置くのは結構なスペースロスです。
家族がいる場合はこれでも足りないかもしれませんが、2人家族くらいでしたら、オーバースペックと言えます。

そこで、水出しに水冷筒ではなく、「回転ロック式タッパー」を使うことを提案します!

冷水筒なんて要らんかったんや!

上のタッパーも良いですが、本格的すぎるので
ダイソーに1000mlのタッパーが100円であるので、それを使うとコスパが良いかと思います。
(写真の左右のやつがダイソー製です。)

これを使うことにより、こんな利点があります。

  • 洗いやすい
     →圧倒的に構造が単純です。手を突っ込んでガシガシ洗えます。
  • 横倒しにしても安心
     →私はもう冷水筒の「横倒しにしても安心」と言う言葉を信じません! 何度裏切られたか…!
      でもタッパーなら流石の密閉力です。比較的小さいので、冷蔵庫の隙間に詰め込んでおけます。
  • そのまま飲める
     →1リットル程度の小分けになっているので、
      作業をする際に冷蔵庫から取り出して、そのまま飲んでしまえばよいのです。

もちろん、お茶を入れなおす回数は増えてしまいますが、
私は上記利点の方が勝っているように感じられましたので、麦茶はタッパーで作っています。

しかも、ダイソーのタッパーを使うならば、下手な冷水筒を買うよりも安くなります。
同じような悩みを持つ同志は、検討してみて下さい。

コメント