炊飯器の可能性について伝えたい

この記事は約9分で読めます。

はじめに

皆さんは、炊飯器をお持ちですか?
日本人なら持ってない人なんていないでしょう。
ですが、炊飯器をご飯を炊くためだけに使ってはいませんか?

それは、もったいない!

炊飯器は優秀なスロークッカーなのです。
せっかく、買ってあるのですから、便利に使って、美味しいものを食べましょう。

スロークッカーって調理時間かかるじゃん・・・。と思うなかれ。
長時間かかるからこそ、数日レベルで放置していても問題ないのです。
つまり、食べ切れなければ、炊飯器の蓋を閉めれば良いのです!
わざわざ、粗熱をとってタッパーに移して、洗い物を増やすようなことをしなくても良いのです!

ふかし芋

超簡単です。
簡単でいて、スロークッカーのほうが美味しく仕上がります。(へりおの感想です)

材料

サツマイモ(好きなだけ)

作り方

  1. サツマイモをよく洗って、水を切らず炊飯器に入れます。
  2. 炊飯器を保温モードにします
  3. 半日ほど放置します。

おまけ

焼き芋ならば、
オーブントースターに洗ったままの芋を入れて、40分焼けば、メチャウマですよ。
温度調節機能付きのオーブントースターならば、220℃で焼いてください。

ヨーグルト (R-1)

ヨーグルトも簡単に増やせちゃいます。
しかも増やした直後の温かいヨーグルトは絶品です。これはぜひ、一度食べてみてください。

せっかく増やすのならばと、値段がお高いR-1ヨーグルトを使っていますが、別に他のヨーグルトでもできるはずです。

材料

牛乳(1リットル):1パック ※量は関係ありません、パックであることが重要です。
R-1ヨーグルト(ドリンクタイプ):1本 (加糖のほうが、菌が増えやすくなるので良いです。)

作り方

  1. 牛乳パックを開けて、その中にR-1ヨーグルト(ドリンクタイプ)を注ぎます。
    洗濯ばさみ等で牛乳パックを閉じます
  2. 炊飯器に水を張り、保温モードにします。
    先程の牛乳パックを炊飯器に立てます。
  3. 蓋は閉まりませんが、気にせず8時間放置します。
    バスタオル等あれば、掛けておくと、電気代が多少安くなるでしょう。
    私はそんなに影響がないと思うので気にしません。
  4. 半日放置よりも前くらいには、炊飯器から牛乳パックを取り出して、冷蔵庫に入れます。
    そのまま、牛乳パックから流しだせば、ヨーグルトです。
  5. こまめな人はタッパーに入れてもいいと思います。

甘酒

甘酒には、酒粕を溶いたものと、ご飯を分解したものの2種類がありますが、
ここで紹介するのは、ご飯と麹で作るものです。

夏バテした時などに食べていますが、
ダイエットの時どうしても甘いものが我慢出来ない場合に、食べると食物繊維は多いので、チョコレートとかを食べてしまうよりはマシだと思います。

材料

ご飯

みやこ麹:(麹であれば何でも良いです)

作り方

  1. ご飯2合をお粥に炊いて、冷まします。
    (熱いすぎるご飯だと、麹が壊れます)
  2. 湯気が見えないくらいになったら、麹を崩し入れます。
  3. 8時間待ちます。
  4. 保存はタッパーに入れて、冷蔵庫で。

炊飯器 カレー

炊飯器カレーは良いですよ。
水は少なめにして、玉ねぎで水分を取るのですが、カレーの味が明らかに深まります。
しかも、炊飯器を保温のままにしておけば、細菌が活動できないので腐らず、お肉もどんどん柔らかくなります。

材料

普通のカレーの材料。
玉ねぎは多めで。

作り方

  1. 玉ねぎは全部スライスして、炊飯器に入れます。みじん切りでもいいので、楽な方で。
  2. その他の材料は普通に切って、炊飯器に入れます。
    (人参、じゃがいも、お肉。カレールー)
  3. 水は、カレールーの箱の記載は無視して、炊飯器の具材の隙間から、水面が見えるくらいまで入れます。
  4. 炊飯器を保温します。
  5. 半日くらい待てば、完成です。

この方法の弱点

炊飯器でご飯が…炊けないんです。

コメント