台風19号が来たときに必要だったり便利だと思ったこと

お勧め商品
この記事は約8分で読めます。

災害は来てからでは遅い(反省)

災害への準備はきちんとしておくことに越したことはありません。
それをサボって後悔しているスズメも居るので、まあ間違いありません。

へりお
へりお

後悔してます!

というわけで、今の現状はともかく、台風のときに必要であったり、意外と便利だったものを書き残していこうと思います。

事前準備編

台風が来る前にやっていたほうが良いことを書きます。

洗濯を終わらせる

今回、私はこれを完全に失敗しました。
とりあえず、タオルとか下着とか、そういったものは早々に洗濯を終わらせてください。
乾燥機付きであれば、乾燥まで早々に終わらせてください。

タオルは停電中は「使い捨てる」勢いですし、下着類は切れたら悲惨なことになります。

手で洗うのはおすすめしません。
乾きませんし、必要なときに間に合いません。

水の準備

これは実はかなり大事です。
大量にあって困ることはなにもありません。全力で水をためましょう。

人間の生活において、「食う・寝る・風呂」という概念がありますが、
このすべての要素に直結してきます。

なお、意外と多くの人が知らないのではないかと思うのですが、水道はポンプを動かして水を送り出しているため、停電しただけで水道まで使えなくなる可能性があります。
集合住宅ではほぼ間違いなく、一軒家でも場所によっては使えなくなることがあります。

停電したら、その時から水道管に残っている水の奪いあいが始まっています。
私の場合では、水道が止まって1時間くらいは、チョロチョロと水が出ていましたが、その後全くでなくなりました

風呂桶いっぱいに水を貯める

取り急ぎ、風呂をよく洗って、水を最大までためておくことをおすすめします。
更に、水を入れたポリ袋を浮かべておくと良いでしょう。
こんな感じです。

風呂桶に飲み水分を分けて置く方法。

このような構造にすることで、比較的きれいな飲み水を確保することが出来ます。

さて、水を用意する最大の理由は、トイレです。
水道が止まるということは、水が流せなくなるということです。

一回分はタンクの中に水があるのでなんとかなりますが、その後は流せません。水がタンクの中からなくなってしまうからです。悪臭を放つ、バイオハザードが発生するわけです。

さて、それとは別に、台風のときは当然ながら湿度が高く汗を書きます。
停電してエアコンも使えない状況下では汗で非常に不快な状態になりますが、先述の通り水道が止まっているので風呂には入れません。

そこで、濡れタオルで体を拭く必要が出るわけです。
快適さが抜群に違います。

さらに、地味に重要なのが食器洗浄用の水です。
何日も停電が続くなどの場合は、サランラップを食器に敷くなどの対策もあるのですが、
1日程度であれば、食器だって洗って使いたいものです。

水が大量にあれば、断水中でも食器を洗って使えるようになります。
隣の家より遥かに快適な停電ライフを過ごせること請け合いです。

口をつける分として、水を用意する。

さて、先程風呂桶にポリ袋を浮かべましたが、これは最悪の場合に飲料水に転用します。

しかし、実のところ飲料水だけに限って言えば、冷蔵庫の中に意外と残っていたりするものです。
別に純水な水でなくても良いのです。
ジュースや牛乳でも生き抜くことは出来ます。

しかし、みんな意外と忘れがちなのですが、歯磨きにも水が必要です。
「冷蔵庫に牛乳があるから、飲水は大丈夫」とか、思っている人はいませんか?
牛乳では歯磨きは出来ませんよ。

明かりの準備

人は弱い生き物です。
そう、台風がびゅうびゅう吹きすさび、窓がガタガタ言っている中で、
停電して真っ暗な闇の中になり、
水が出なくなり、
ライフラインが寸断されて一歩ずつ追い詰められていく感覚というのは、非常に恐ろしいものです。
あ、私は人じゃなくてスズメですが。

それでも、そんなときでも
明かりがあれば全く状況は変わります。
心強さが違います。

乾電池スタンドライトが非常に便利。

「スマホがあるから、明かりの必要はないよ。大丈夫。」そんな人も居るかもしれません。

全然大丈夫じゃないです。

その立場になってみると、スマホは最後の生命線です。
ライトの役目まで負わすなんてとんでもない!

まあ、それはさておき、実際停電になってみると、スマホのライトは意外と使えませんでした。
なぜなら、明かりの方向が一方的過ぎ、かつ強すぎて小回りが効きません。
スマホのLED部もヤバイほど発熱するため、常時発行させる非常用ライトには耐えられないのです。

実際のところ、下記のライトが非常に便利です。(まさに今、役に立っています)

駆動方式は2種類。USBと単3乾電池3本の好きな方で動作します。
電池は土台部の底面に納まっており、私はエネループで運用しています。

これの素晴らしいところは、

  • 首がフレキシブルに曲がるので、明かりを向けたい方向に向けていられる
  • 明かりの強度を無段階で調整できる
  • 軽いので、持ち運びが非常にかんたん

というところです。

スマホのライトを持ちながら食事をする場面を想像してみてください。
左手が埋まりますね。しかたなく床においたらまぶしくて仕方がありません。
かなり不便なのです。

しかし、このライトであれば、両手が使えますし、
完全に明るくすることも、ちょっと暗くすることもなんでもござれ。
食事時にも使えますし、体を拭いたり、顔を洗ったりする両手を使う作業には、
こういった置いて使える照明というのは、必ず必要になってきます。

大きめの充電池

実は本日まで「購入を失敗したかな」と思っていた充電池がありました。

Amazon | FEELLE ソーラーチャージャー 20000mAh モバイルバッテリー ソーラー IPX6防水 携帯充電器 太陽光で充電可能 ソーラー充電器 持ち運び便利 LEDライト付き 地震/災害/旅行/出張/アウトドア活動 iPhone/iPad/Andriodと対応 | FEELLE | ソーラーチャージャー
FEELLE ソーラーチャージャー 20000mAh モバイルバッテリー ソーラー IPX6防水 携帯充電器 太陽光で充電可能 ソーラー充電器 持ち運び便利 LEDライト付き 地震/災害/旅行/出張/アウトドア活動 iPhone/iPad/Andriodと対応がソーラーチャージャーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便...

こちらなのですが、
容量20000mAhと十分な容量があり、
太陽光でバッテリー充電が可能(レビューによれば、5時間で7割充電可能とのこと)
ライトも付いていて、とりあえず照らすことができる
と、機能に関してはなかなかの製品です。

ただ一点だけ問題があります。
非常に重いのです。

もともと私は、列車やバスでの移動時にソーラー充電する目的で購入しました。
しかし、持ち歩かなくなってしまいました。
重いからです。

機能的には優れていても、持ち歩けない充電池は買った意味がない。
そんなふうに思っていましたが、ここに来て台風です。
災害対策用としてであれば、持ち歩きやすさなんて2の次ですから、上記の機能の恩恵をそのまま受けることが出来ます。

また、ソーラーパネルが4枚もついているので、他の1枚しかついていない製品と比べて、4倍のスピードで、充電が行なえます。
今回はたまたま使用機会に恵まれませんでしたが、停電の中でいざという時に充電できる手段を持っているということの安心感は凄まじいです。

それでも、充電スピードはそんなに早く有りませんが。
…逆に言うと一枚しかソーラーパネルがついていない製品では、恐らく災害時には役に立たないでしょう。

あと、もう一点良い点があります。
ソーラーパネルがついているので、これを支えにして自立させられます。

俺のモバブが輝き光る!

先に、「スマホのライトは災害時に使えない」という話をしましたが、ライトとして自立するだけでこんなに使いやすくなるのかと驚くほどです。

手を洗う時に、両手が使えるのは素晴らしいことです。
ライトとして、先のスワンライトのほうが使いやすいのはそのとおりなのですが、災害時に備えるのであれば、ライトを兼用できるバッテリーを持っておくのも良いと思います。

コメント