「くちびるの割れ」には「液体絆創膏」を使え

はじめに

今年も寒くなってきて、冬の足音が感じられるようになってきました。
基本的に冬はそんなに嫌いではないのですが、自分は生来くちびるが割れやすく、これの痛みに悩まされてきました。

そしてついに自分は、求めていた答えにたどり着きました。
液体絆創膏を使う方法です。

この方法だと、少なくとも丸1日、まったく痛みを感じずに過ごすことができるようになります。
就寝前などにもオススメです。

一般的な対処法

くちびるが割れたときに、継続的に痛みを感じるため、どうにかしようとこれまでいろいろやってきました。
しかし、どれも痛みが完全に除去できるわけではなく、傷の内側から感じる鈍痛に耐え続けるしかありませんでした。
以下に、自分が試した方法の一部を書きます。

  • 水でよく洗う
    • とても痛いです。耐えられません。
  • ハンドクリームを塗り込む
    • 一時的に痛みは和らぎました。但し、30分もするとハンドクリームが吸収され、また痛みがぶり返してきます。
  • リップクリームを塗る
    • あまり痛みが和らぎませんでした。効果は弱めです。
  • ワセリンを塗る
    • あまり痛みが和らぎませんでした。リップクリームとあまり変わりません。

液体絆創膏の効果

すでに答えは書きましたが、くちびるのひび割れには「液体絆創膏」が効果があります。
どのくらい効果があるのかは、下の表にまとめました。
ちなみに被験者はすべて私、へりおです。

対処法痛みの緩和効果の持続性
水洗い×
むしろ痛いです
×
痛みにそもそも効果なし
ハンドクリームを傷に塗る
痛みは和らぎます

30分程度
リップクリームを傷に塗る
無いよりは良いです

数時間
ワセリンを傷に塗る
無いよりは良いです

数時間
液体絆創膏を傷に塗る
痛みを感じません

一日以上

上記の通り、液体絆創膏の効果は圧倒的です。
塗るときは傷口にしみて痛いのですが、5秒程度乾燥させれば、驚くほど痛みがなくなります。

また、他の方法では耐久性に問題があり、長くても数時間程度で塗り直さなければなりませんでしたが、
液体絆創膏では一日以上平気で持ちます。
これは仕事に行く際に非常にありがたいです。

液体絆創膏はあまり知られていないですが、ヒビやあかぎれにも効くので、一本常備しておいて損はないと思いますよ。

コメント