MT4のグリッドトレードが好調です

MT4
この記事は約3分で読めます。

MT4で高機能トラリピを実験中です

トラリピは良いですねぇ。
十分な資力をもって安定運用していれば、ほぼ絶対に負けない最強の投資法です。

正確には、グリッドトレードと言う取引手法です。

さて、そのトラリピですがスプレッドが広いという傾向があります。
それだけの機能を提供しているのですから仕方なくはあるのですが、スプレッドの大きさは我々の利益に非常に大きな影響を与えます。

設定している条件

現在下記の条件で運用しています。

また、期間はR1.12.23(MT4稼働開始日)~R2.01.25までの実現損益を見ることとします。

MT4(FXTF)トラリピ
通貨ペアUSD/JPY
(スプレッド:0.001円)
USD/JPY
(スプレッド:0.025円)
運用方法グリッドトレード(千刻)グリッドトレード(トラリピ)
注文感覚0.1円0.1円
利益幅50[pips]
(500円相当)
700円
決済トレール
(相当機能)
あり(0.1円)あり(0.2円)
逆指値注文
(注文時の決済トレール)
あり機能なし

MT4(FXTF)

MT4で注文を発注する証券会社は「FXTF」を利用しています。下記の会社ですね。

らくらくFX

選んだ理由は単純です。
今「FXTF」は「日本No1最狭スプレッド提供計画」なるイベントを実施しており、端的に言えば他のどのFX会社よりもスプレッドが狭いのです。

ほほう、がんばれーー!!

大して「トラリピ」を提供するマネースクエア様は、自動売買機能をつけていることから、その分スプレッドが広めな会社であることで有名です。
この差がどの程度出てくるか検証しようというわけです。

なお、こちらの方の利益幅ですが、トラリピが700円のところ、500円相当としています。
単純にトラリピと同じく700円相当にしようかとも思ったのですが、こちらのシステムでは購入時にも決済トレールのような逆指値が入るため、その分を若干考慮するのとキリが良くなるように500円にしています。

トラリピ

私は未だ検証のためだけに遊ばせるお金を持っていませんので、これまで運用していたトラリピ口座の成果をそのまま比較していきます。

つまりトラリピの方は最初からポジションを持っており、それが決算された分の利益も加算されます。

普通に考えればトラリピのほうが有利な条件なので、「スプレッドの差」がどの程度の影響を与えるかにかかってきます。

運用結果

MT4(FXTF)

FXTFの運用報告書

FXTFは「USD/JPY」での運用しかしていないため、期間損益を出すだけでOKです。

結果:+4805円

トラリピ

トラリピの方は通貨ペアを様々にして運用しているため、成立履歴から計算します。
昨年5月のシステム変更で、損益がスワップを考慮したものになったため、足し合わせるだけでOKです。

結果:+3367円

結論:MT4のほうが、1.5倍ほど利益効率が良い。

状況的には「トラリピ」の方に若干の優位性があった今回の比較ですが、結果はスプレッドの狭さが圧倒的である「MT4の自動売買」の利益が勝りました。

まあ、今回までの動きで、ポジションが揃ってきたと思われるので、来週くらいにもう一度検討を行いたいと思います。
もしかしたら、1.5倍じゃ済まないかも。

へりお
へりお

MT4のサーバー代の1万円も、すぐに取り返せそうですね。

コメント