FXTF_MT4の設定を追加しました(2020/3/15)

資産運用の計算MT4
この記事は約3分で読めます。

MT4を頑張っていきたいと思います

現在私はトラリピを始めとする「グリッドトレード」にハマっております。
その中で試しに始めた「FXTF様でのMT4」が思いの外良い成績を残しておりました。
FXTF様のスプレッド最狭計画によるものだと思います。ありがたやー。

そこでこれまでは「USD/JPY」の売りのみ設定していましたが、設定を少し追加して様子を見てみようと思います。

らくらくFX

USD/JPY

「USD/JPY」に関してはレンジ相場が続いていますので、買い設定を追加して両建て風味の設定にしてみます。

とは言え、リセッションの危険のほうが大きいと思っているので、買いの方は「注文感覚」を2倍の20[pips]とすることで、リスク低減を図っています。

買い設定

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-7.png です

売り設定

EUR/JPY

「EUR/JPY」に関しては、これからしばらくは長期的には下がっていくように思えます。
そのため売り設定を仕掛けて、安全に利益を取りに行こうというわけです。

「EUR/JPY」は売りにせよ買いにせよ、マイナススワップが少ないので、為替差損益のみを考えれば良いです。

他の通貨について

言ってしまえばMT4の設定はまだ自分も始めたばかりのため、他の通貨を真剣に考えていないところもあります。

しかしながら、一番の理由はやはり先行きが読めないというところでしょう。
USDやEURであれば、日本円に対してリセッション時の動きは比較的理解できます。
しかしながらもうすでに下がり続けているAUDなどは反発してもおかしくないですが、そもそも反発するのか不透明です。

その意味からすると、もう少し流れが理解できるようになってからでも設定するのは遅くないと考えます。

らくらくFX

【参考】FXTFのpipsについて

MT4のEA(Expeart Adviser)を設定する上ではpipsの桁を理解することが非常に重要です。
設定する桁数が異なっていると、最悪10倍のポジションを抱えてロスカットという笑えない事態に直結します。

私の使用している「FXTF様」のpipsは次のページから読み取れます。

スプレッド・スワップポイント|MT4|FXトレード・フィナンシャル【FXTF
MT4のスプレッド・スワップポイント一覧です。
2020/3/15時点のスプレッド

ここの値段の最終桁は小さな文字になっているので読み飛ばして、「大きな数字で」で書かれている最終桁が1pipsの桁に相当します。

これはEUR/USDのスプレッドと比較すればわかりやすいと思います。
計算により、売値と買値の差から 0.0002[USD]=2.0[pips](スプレッド)
が分かりますので、その桁は大きく表記されている数字の最終桁だと検算できます。

よって、USD/JPYの場合、
0.01[JPY]=1pips となるわけです。

コメント