マスクがないなら空気清浄機を装着すれば良いじゃない。

お勧め商品
この記事は約4分で読めます。

コロナも怖いけど花粉症も怖いよね

コロナウイルスのニュースが飛び交う中、皆様如何お過ごしでしょうか。

世の中のいわゆるパリピと言われる人たちは、度重なる外出自粛令に我慢ならずに家で動かずにいることにイライラを募らせていたり、我慢できずにコロナに感染したりしています。

私自身は家でじっとしているのが幸せな人間なので特段日常の生活と変わりがありませんが、一点困ったことがあります。

マスクがないことです。

花粉症患者はマスクがほしい

私は花粉症なので、5月の頭までマスクが必需品です。
安倍首相は世帯に2つまでガーゼマスクを配るということですが、残念ながらこと花粉症に対してはガーゼマスクではなく使い捨てマスクが欲しいのです。

花粉が中途半端についているマスクではダメなのです。

ガーゼマスクは、コロナウイルスの拡散防止については、ちゃんと効果が期待できるようです。

また、私はインドア派でありながら時々自転車で遠乗りしたくなる気質があるため、先日マスクを付けた状態でサイクリングに出かけました。
山の中なのでコロナの心配もありません。ソーシャルディスタンスは数百メートルは常に確保されています。

しかし、ダメでした。
日常で花粉を吸わないように気をつけていたので、本格的な花粉症の症状こそ出ませんでしたが、自転車で山道を登るのはなかなかに大変な運動です。
そう、マスクを付けた状態では特に。

平坦な道こそスイスイと走っていくことが出来ましたが、ちょっと勾配がついた坂道ではもう駄目です。

立ち漕ぎをするのですが、吐く息の湿度が急速に上昇し、マスクを湿らせていきます。
10分後のマスクはもうしっとりとしており、マスク越しに息を吸い込むと、マスクに付着した細かい水分が霧吹きのように喉に飛び込んでくる有様。
いくら自分の口から出た水分だとわかっていてもこれは気持ちが悪い。

仕方がないので帰途についたのですが、そこでふと思いついたのです。
電動のマスクがあれば解決できるんじゃないか?・・・と。

電動のマスクなんて・・・あった!!

さて、電動のマスクという画期的なアイディアを思いついてしまった私は、家に帰ると早速amazonなどのWebショッピングへ探索に出かけました。

そして、結局Amazonではなく、楽天の奥地でその商品を見つけることに成功したのです。


【送料無料】マスク 電動マスク ファン付き 子供用マスク 花粉症対策 ZenCT マスク型空気清浄機 3D立体 USB充電式 快適 息苦しさを解消 花粉、PM2.5をブロック 風邪 高性能 軽量 快適 フィルター2枚セット 子供用 CT058

この商品、見た目がちょっと世紀末感ありますが、「電動空気清浄機」です。

つまり、いつでも正常な空気が口の周りに勝手に送られてくるというわけですね。

なんて分かりやすい構造なんだ。

とりあえず気になるフィルターはきちんと「HEPAフィルター」らしいので、花粉を吸い込まないようにするという私の本来の目的と合致します。

ついでに言えば、常に新鮮な空気を吸気してくれるので、私の息が少々上がったところで、息がしづらくなることはありません。
私はマスクを付けると酸素が足りなくなるせいか、仕事の効率が落ちることが多いのですが、これならば息苦しさが改善されそうです。

さて、花粉に対しては有効と考えられそうですが、今話題のコロナに対してはどうでしょう?

実のところ、「コロナに掛からないようにする」ことについては、空気清浄機も普通のマスクも、さほどの効果はないようです。マスクを付けることで口の周りを触らなくなる程度の効果でしょうか。

しかしながら、自分が感染していた場合に他の人に移さないようにする効果についてはだいぶ信頼が置けます。
この観点からするとこの空気清浄マスクですが、空気が常に下側に排出される構造になっております。

つまり自分の咳は自分に掛かるので、職場等での感染拡大予防の効果は見込めるということです。
(ただし、小さなお子さんがいるお母さんの場合は、排出する空気の先にお子さんが居ないか気をつけたほうが良いでしょう。)

そして、一応空気清浄機なので、数カ月はこれ1台で使用し続けられそうです。
つまり、あの意味のわからないマスク争奪戦に巻き込まれなくて済むわけです。

これも近日中に届くと思うので、届いたら使用感を書こうと思います。

しかし、ここ数日買い物し過ぎだな。
知らぬ間にストレスでも溜まってるのかな。

コメント