資産運用報告 2020年10月分

MT4
この記事は約7分で読めます。

本記事は最新ではない可能性があります。
最新の記事は下記からご確認ください。
資産運用報告 記事一覧

トラリピ 資産運用結果

マネースクエア

トラリピ設定について

現在生きている設定は「AUD/JPY」「AUD/USD」「NZD/USD」「CAD/JPY」の4つです。
どれも含み損が大きくて損切が出来なかった通貨ペアとなります。

このまま値が上がって十分含み損が無くなったら、いったんトラリピの方は撤退しようと考えています。

今月の成果(トラリピ)

日時資産変動効率維持率
2018年 9月総計
+199,749円3.33%470%
2018年 10月総計+280,135円4.74%458%
2018年 11月総計+249,844円2.97%385%
2018年12月 第1週+92,028円1.46%412%
2018年12月 第2週+17,755円0.28%392%
2018年12月 第3週+128,852円2.00%411%
2018年12月 第4週+41,650円0.64%408%
日時預託証拠金資産変動効率維持率
2019年 1月?+247,638円3.07%487%
2019年 2月?+211,232円2.58%377%
2019年 3月?+169,297円2.03%?
2019年 4月?+117,883円1.40%404%
2019年 5月8,509,883円+107,945円1.27%435%
2019年 6月8,650,408円+134,789円1.56%522%
2019年 7月8,750,417円+103,569円1.18%401%
2019年 8月8,668,431円-79,810円-0.92%434%
2019年 9月8,810,710円+138,584円1.57%444%
2019年 10月8,904,992円+91,502円1.03%453%
2019年 11月8,932,000円+27,008円0.30%418%
2019年 12月8,857,333円-74,667円-0.84%549%
2019年総計 8,857,333円+1,378,254円15.56% 549%
2020年預託証拠金資産変動効率維持率備考
1月8,937,970円+77,836円0.87%483%
2月9,000,527円+65,223円0.72%505%
3月8,933,620円-66,047円-0.74%593%
4月8,973,693円+31,290円0.34%596%
5月9,089,197円+115,504円1.27%
6月9,274,348円+185,151円1.99%出金:300万円
7月6,291,589円+26,024円0.28%618%出金:100万円
8月5,327,036円+39,904円0.42%697%
9月5,339,875円+8,382円0.15%525%
10月5,389,388円+49,513円0.91%438%
口座状況(10/8時点)

所感

10月は、そこそこの利益と言ったところです。

スワップのマイナスがそれほど出ていないので、上げ止まり一定のレンジ内で動いていた、つまりリスクオンが一段落したと考えられます。

そして、今月は証拠金の維持率がちょっと下がってきてしまいました。
前にも書いたとおり、トラリピに残っている通貨ペアは基本買い方向で持っているため、リスクオフすると、維持率が下がってきてしまいます。

個人的にはもうちょっと値上がって、含み損が30万円程度まで減るタイミングを待っているのですが、なかなか良いタイミングが来ません。
とはいえ、このまま下がっていくかどうかもよくわかりません。

11月は米国大統領選の様子次第で期待できますが、
逆に資金移動、場合によっては損切りも考慮に入れて準備を進めたいと思います。

マネースクエア

MT4(FXTF)

MT4の自動売買について、これまで実験的な運用でしたが、本腰を入れることにしました。
正確には、FXTF様の為替口座を使い、MT4によって売買の自動化を行っています。
自動売買の形式は、トラリピと同じくグリッドトレーディングです。

らくらくFX

わざわざMT4で自動売買するのは、FXTF様のスプレッドが理由です。

現在「USD/JPY」のスプレッドが0.001円で自動売買できる口座は普通ありえません。
単純に考えてもスプレッドが「1/10」になるので、取引コストの減少と利益確定機会の増加が期待できます。

FXTF様は5月からの新規口座に関しては、MT4での自動売買が出来ない新口座になってしまっているので、これから口座を開いたとしても、自動売買はできません。

現在の運用通貨ペア

FXTF様は「日本No.1 最狭スプレッド挑戦計画」を打ち出しておられるので、
その計画の対象となっている通貨ペアを運用対象としております。

  • EUR/USD
  • USD/JPY
  • EUR/JPY
  • GBP/JPY
  • AUD/JPY
  • AUD/NZD

9月末に、「AUD/JPY」の運用を開始しました。
「AUD/JPY」のFXTF様のスプレッドは1.9なのですが、トラリピ様のスプレッドと比べて十分狭く、口座をあえて分けるのも資金効率が悪いと思い、こちらで始めることにしました。

まだ始めただけなので、利益への影響は皆無ですが、いつも通り放置で様子を見ていこうと思います。

トラリピに最適な通貨ペアをガチ検証【おすすめを信じるの?】
トラリピに最適な通貨ペアを検証し数値化してランキングしました。 安易におすすめというのではなくデータから導き出された本当におすすめできるトラリピの最適通貨ペアはいったいどれだ?

今月の成果(MT4 – FXTF)

2020年証拠金預託額実現損益効率維持率備考
2月522,573円+17,768円3.40%12090%
3月1,182,494円+159,921円13.4%836%
4月2,226,470円+43,976円1.97%1,747%
5月2,336,168円+109,698円4.69%
6月4,566,441円+230,273円5.04%入金:200万円
7月5,618,025円+51,584円0.91%361%入金:100万円
8月6,597,292円+79,267円1.20%396%入金:100万円
9月7,769,443円+158,887円2.05%511%入金:100万円
10月7,817,066円+60,048円0.79%591%
10月分

今月は利益が振るいませんでした。
その辺は上の画像のトレード数にも現れており、先月は300件近かったトレード数が、今月は約半分の125件(売:117、買:8)となっています。

まあ、逆に言えばそういう月であっただけで、グラフの通り今月も順調に利益が積み重なっているので、感謝すべきところでしょうね。

証拠金の維持率については、トラリピが減少しているので、いくらかあちらに移してバランスをとらなければいけないかも知れません。

トラリピと併せて、毎月平均15万円程度の利益が出ています。
私の生活費がおよそ18万円なので、現状ではまだ危ういとはいえ、ほんとに追い詰められた場合にはセミリタイアを考えることができる位の水準です。
さすがに、この水準ではセミリタイアするには不安が大きいため、最低でも資産を現在の2倍くらいにしたいですね。

らくらくFX

トライオートFX  資産運用結果 (撤退済み)

トライオート

2020年4月で撤退済みです。
一応、これまでの流れを見るため、残しておきます。

これまでの成果(トライオートFX)

日時証拠金預託額資産変動効率維持率
2018年 09月総計+20,687円3.44%421%
2018年 10月総計+22,079円3.27%313%
2018年 11月総計-14,253円-2.13%293%
2018年 12月総計+16,968円1.85%336%
日時証拠金預託額資産変動(実現損益)効率維持率
2019年 1月+20,510円2.18%240%
2019年 2月+33,151円3.41%192%
2019年 3月-62,699円??
2019年 4月+16,873円1.81%378%
2019年 5月942,320円+12,928円1.43%537%
2019年 6月959,014円+16,694円1.74%279%
2019年 7月962,898円+3,884円0.40%256%
2019年 8月997,318円+34,453円3.45%794%
2019年 9月1,002,606円+5,255円0.52%743%
2019年 10月1,003,268円+756円0.07%710%
2019年 11月1,017,861円+13,694円1.34%392%
2019年 12月1,011,060円-6,801円-0.67%652%
2019年 総計1,011,060円+103,091円10.2% 652%
日時証拠金預託額資産変動(実現損益)効率維持率
2020年 1月1,013,975円+2,827円0.27%554.2%
2020年 2月1,024,115円+10,113円0.99%704%
2020年 3月1,016,010円-8,148円-0.80%519%
2020年 4月986,154円
→出金
-29,856円-3.02%
トライオート

コメント