資産運用報告 2020年11月分

MT4
この記事は約8分で読めます。

本記事は最新ではない可能性があります。
最新の記事は下記からご確認ください。
資産運用報告 記事一覧

トラリピ 資産運用結果

マネースクエア

トラリピ設定について

現在生きている設定は「AUD/JPY」「AUD/USD」「CAD/JPY」の4つです。
どれも含み損が大きくて損切が出来なかった通貨ペアとなります。

このまま値が上がって十分含み損が無くなったら、いったんトラリピの方は撤退しようと考えています。

今月の成果(トラリピ)

日時資産変動効率維持率
2018年 9月総計
+199,749円3.33%470%
2018年 10月総計+280,135円4.74%458%
2018年 11月総計+249,844円2.97%385%
2018年12月 第1週+92,028円1.46%412%
2018年12月 第2週+17,755円0.28%392%
2018年12月 第3週+128,852円2.00%411%
2018年12月 第4週+41,650円0.64%408%
日時預託証拠金資産変動効率維持率
2019年 1月?+247,638円3.07%487%
2019年 2月?+211,232円2.58%377%
2019年 3月?+169,297円2.03%?
2019年 4月?+117,883円1.40%404%
2019年 5月8,509,883円+107,945円1.27%435%
2019年 6月8,650,408円+134,789円1.56%522%
2019年 7月8,750,417円+103,569円1.18%401%
2019年 8月8,668,431円-79,810円-0.92%434%
2019年 9月8,810,710円+138,584円1.57%444%
2019年 10月8,904,992円+91,502円1.03%453%
2019年 11月8,932,000円+27,008円0.30%418%
2019年 12月8,857,333円-74,667円-0.84%549%
2019年総計 8,857,333円+1,378,254円15.56% 549%
2020年預託証拠金資産変動効率維持率備考
1月8,937,970円+77,836円0.87%483%
2月9,000,527円+65,223円0.72%505%
3月8,933,620円-66,047円-0.74%593%
4月8,973,693円+31,290円0.34%596%
5月9,089,197円+115,504円1.27%
6月9,274,348円+185,151円1.99%出金:300万円
7月6,291,589円+26,024円0.28%618%出金:100万円
8月5,327,036円+39,904円0.42%697%
9月5,339,875円+8,382円0.15%525%
10月5,389,388円+49,513円0.91%438%
11月5,450,204円+60,816円1.11%868%
11月分 12/6時点

所感

先月書きましたが、私のトラリピは意図せず、リスクオン時に利益が出る構造、つまり買いトラップのみが仕込まれています。

何が言いたいのかというと、今月のトラリピは頑張ってくれたと言うことです。
リスクオンで、「USD」や「JPY」に対して他通貨が上昇したので、買いトラリピが利益を上げることができました。

特に、「NZD/USD」の含み損は3000円台まで下がりましたので、これを機に撤退を行いました。
その他の通貨ペアの含み損も半分程度になっており、証拠金の維持率は驚異の800%代にまで上昇しています。

FXTFの口座と証拠金の維持率の差が大きくなりすぎたため、資金移動を考えたいところですが、このリスクオンがそんなに長く続くようには思えないので、躊躇しています。

マネースクエア

MT4(FXTF)

トラリピとは別にFXTF様の為替口座を使い、MT4によって売買の自動化を行っています。
自動売買の形式は、トラリピと同じくグリッドトレーディングです。

らくらくFX

わざわざMT4で自動売買するのは、FXTF様のスプレッドが理由です。

現在「USD/JPY」のスプレッドが0.001円で自動売買できる口座は普通ありえません。
単純に考えてもスプレッドが「1/10」になるので、取引コストの減少と利益確定機会の増加が期待できます。

FXTF様は5月からの新規口座に関しては、MT4での自動売買が出来ない新口座になってしまっているので、これから口座を開いたとしても、自動売買はできないようです。

スプレッド比較 (2020/12/06時点)

FXTFがスプレッドが狭いといっても、実際に比較してみなければ、どのくらいの影響があるのかわかりません。

そこで、トラリピで扱っているペアに対して、スプレッド比較を行いました。
なお、私は特にスワップで利益を上げるとは考えていませんので、スワップ通貨は対象としていません。

FXTFトラリピ
USD/JPY0.001円0.03円
EUR/JPY0.004円0.04円
EUR/USD0.00002USD0.0004USD
GBP/JPY0.007円0.08円
AUD/JPY0.004円0.05円
AUD/USD0.00006USD0.0004USD
AUD/NZD0.00019NZD0.0003NZD
NZD/JPY0.01円0.07円
NZD/USD0.00016USD0.00004USD
CAD/JPY0.016円0.05円
2020/12/6調べ

これを見ると、どの通貨もおおよそ10倍弱のスプレッド差がありますね。

1通貨では微弱な差でしかありませんが、私は取引を1000通貨単位で行っているので、単純な影響は1000倍となります。

影響度としては、USD/JPYで1000通貨で為替差益500円とするとき、スプレッドの費用がFXTFでは0.5円、トラリピでは15円かかるイメージです。
過度に嫌がる必要はありませんが、少ないに越したことはありませんね。

現在の運用通貨ペア

FXTF様は「日本No.1 最狭スプレッド挑戦計画」を打ち出しておられるので、
その計画の対象となっている通貨ペアを運用対象としております。

  • EUR/USD
  • USD/JPY
  • EUR/JPY
  • GBP/JPY
  • AUD/JPY
  • AUD/NZD

今月に入って、AUD/NZDが利益を出し始めました。
しかし、まだまだ含み損が育っていないので、利益もかわいいモノです。

トラリピに最適な通貨ペアをガチ検証【おすすめを信じるの?】
トラリピに最適な通貨ペアを検証し数値化してランキングしました。 安易におすすめというのではなくデータから導き出された本当におすすめできるトラリピの最適通貨ペアはいったいどれだ?

今月の成果(MT4 – FXTF)

2020年証拠金預託額実現損益効率維持率備考
2月522,573円+17,768円3.40%12090%
3月1,182,494円+159,921円13.4%836%
4月2,226,470円+43,976円1.97%1,747%
5月2,336,168円+109,698円4.69%
6月4,566,441円+230,273円5.04%入金:200万円
7月5,618,025円+51,584円0.91%361%入金:100万円
8月6,597,292円+79,267円1.20%396%入金:100万円
9月7,769,443円+158,887円2.05%511%入金:100万円
10月7,817,066円+60,048円0.79%591%
11月7,898,417円+73,133円0.92%365%
11月分

今月は、トラリピに利益で大分追いつかれそうになりました。
そもそもこちらの方が運用している通貨の数が多いので負けてもらっては困るのですが、そういった相場もあると言うことですね。

そして、先月設定した「AUD/NZD」が今月になって計6,070円の利益を出しました。
設定ミスを恐れて、かなり安全な設定にして運用をしているのですが、大丈夫のようです。
12月中に、トラップ幅を半分にする変更をかける予定です。

らくらくFX

トライオートFX  資産運用結果 (撤退済み)

トライオート

2020年4月で撤退済みです。
一応、これまでの流れを見るため、残しておきます。

これまでの成果(トライオートFX)

日時証拠金預託額資産変動効率維持率
2018年 09月総計+20,687円3.44%421%
2018年 10月総計+22,079円3.27%313%
2018年 11月総計-14,253円-2.13%293%
2018年 12月総計+16,968円1.85%336%
日時証拠金預託額資産変動(実現損益)効率維持率
2019年 1月+20,510円2.18%240%
2019年 2月+33,151円3.41%192%
2019年 3月-62,699円??
2019年 4月+16,873円1.81%378%
2019年 5月942,320円+12,928円1.43%537%
2019年 6月959,014円+16,694円1.74%279%
2019年 7月962,898円+3,884円0.40%256%
2019年 8月997,318円+34,453円3.45%794%
2019年 9月1,002,606円+5,255円0.52%743%
2019年 10月1,003,268円+756円0.07%710%
2019年 11月1,017,861円+13,694円1.34%392%
2019年 12月1,011,060円-6,801円-0.67%652%
2019年 総計1,011,060円+103,091円10.2% 652%
日時証拠金預託額資産変動(実現損益)効率維持率
2020年 1月1,013,975円+2,827円0.27%554.2%
2020年 2月1,024,115円+10,113円0.99%704%
2020年 3月1,016,010円-8,148円-0.80%519%
2020年 4月986,154円
→出金
-29,856円-3.02%
トライオート

コメント