【読書】[本田清六]私の財産告白 は、行動の大切さを伝えるバイブルだった

読書

今回、本田清六先生の「私の財産告白」と言う本を読みました。

明治時代の億万長者の、普通過ぎる蓄財法

本田清六という方を知っているでしょうか。
恥ずかしながら私は全くしらず、この本もたまたまAmazonがお勧めしてくるので買ってみただけなのですが、こんな人がいるのかと驚きました。

著者は、明治時代の東大の教授で、貧乏な出身ながら、現在価値で100億円近い資産を築きました。
流石に、今話題のZOZO前澤社長の3000億円には劣りますが、我々庶民から見て、訳の分からない金額であるところは同じです。

さて、東大の教授で100億円の資産とは、そのころの教授は相当貰っていたのでしょうか?
いえ、当時家族を支えるのにギリギリの給料だったようです。

それでは、何かすごい投資が上手な人だったのでしょうか。
いえ、投資で成功はしていますが、それは時流に乗っただけです。
今の日本でも、投資先はともかくとして、可能な選択肢です。

本田清六のしたことは、自身に決めたルールをただ愚直にやり抜いたことです。
それだけで、100億円は作れてしまうのです。

つまり、
「特別高給取りでもない一般人が、億万長者になる普通のやり方
彼の一生をかけた人生訓から来たエッセンス。それがこの本には詰まっています。

そして、普通の一般人である私は、普通の蓄財法を使って億万長者になりたい(そして、あわよくばセミリタイアしたい)と思ったのです。

本田清六の蓄財法

100億もの資産を築くにあたり、彼のやってきたことはシンプルです。

倹約し、貯金をして、投資し、複利で増やす」 これだけです。

これだけなのですが、
理論と実行との間には大きな壁が立ちはだかっており、乗り越えるのは容易ではありません。彼はそれを乗り越えるため、ルール化を徹底します。
私が見るに、彼は積極的で意志が強い人間ですが、その彼をしてもルールによって自分を律する必要があったということなのでしょう。

作中にも彼のルールが様々なところに散見されます。
興味深いのは、「四分の一貯金法」やら「二割利食い」など彼のルールは明確に数値の目標が設定されていることです。
学者らしいとも言えますが、感情の入り込まぬ予防線としての意味があったのではないでしょうか。

著者も作中で「財産を作ることは難しいことではない、ただ行動するかどうか、の違いだ」と述べています。

普通のサラリーマンである私は、億万長者のこの普通の蓄財法に、とても勇気づけられました。

億万長者の人生観

さて、実はこの本において具体的な蓄財法についての内容は全体の半分であり、残りは億万長者となった彼の人生訓となっています。

そして、実はこの人生訓こそがこの本において、「蓄財法」以上に重要な内容となっているのではないかと感じました。
それこそが、「人生の幸せについて」です。

彼は、「幸せ」が人生で一番大切なことだと考えていました。
当然です。
いくらお金があっても、不幸なだけの人生に何の価値があるでしょう。

彼はその人生訓から、「挑戦し続ける」こそが
人生最大の娯楽にして、幸福への道だと結論付けました。

貴方は今の仕事が好きですか? 
それはあなたの挑戦の道に繋がっているでしょうか?

お金が無くて嫌でも仕事を続けているのですか?
お金の問題であれば、蓄財法に挑戦して、お金から自由になってみませんか?

そんな問いかけをされているかのような本でした。

また、別の本ですが、こちらもアメリカ版の「私の財産告白」のような内容となっており、面白かったので、よければどうぞ。

コメント

  1. […] 【読書】[本田清六]私の財産告白 は、行動の大切さを伝えるバイブルだった今回、本田清六先生の「私の財産告白」と言う本を読みました。明治時代の億万長者の、普通過ぎる蓄財法 […]